「レッスンキットワーク編vol.6」(飾り一部なし) ★残り5つです★

「レッスンキットワーク編vol.6」(飾り一部なし) ★残り5つです★

販売価格: 2,650円

元の価格: 2,750円

在庫数 5点
数量:


「レッスンキット基礎編」
全7回)の練習キットです。


「レッスンキット基礎編」には、
ペーパーの選び方
ベースデザイン
写真
バランスのとり方

変化のつけ方  を項目ごとにまとめたテキストがついていて、その内容に合わせてレイアウトを1枚作ります。

 


今回発売する「ワーク編」では、 テキストの内容を復習しながら、違うレイアウトを作ることができます。
「インプットしたものをアウトプットしよう」がコンセプト。
授業で習ったことを、問題集を何度も解いて理解を深める。
そんなイメージです。

 

<キット内容>




・パターンペーパー12×12インチ4枚
・ハートのダイカット1枚
・レースペーパー2枚
・タイトル1つ
・フラワーのダイカット1つ
・フラワー4つ(見本と大きさ異なる場合あり)
・紐1本
・タワーの飾り1つキットに入らないため100円引き致しました。
・ピン1本

 

★ キットに含まれていないものポップアップステッカ 
★ 説明書つき

<サイズ>12×12インチ(30.5×30.5cm)
<写真> L版横1枚

---------------------------------------------------------------

「レッスンキットワーク編」の第6回のテーマは、
「2×2インチペーパーを使ってみよう」です。 




小さい四角がびっしりつまったペーパーは、
そのシリーズのモチーフや色が凝縮されています。
ひとつの四角が2×2インチなので、四角の数は6×6個。
四角の数が5×5個タイプのものも含めると、
4〜5つのメーカーで定期的にこのデザインのペーパーが発売されてます。

私が今回作ったレイアウトはこちら。



四角ペーパーがしっかり見えるように、
ベースには違うメーカーのもの(木目&白)を使用しています。




四角いペーパーはそのまま使ったり、



絵柄で切って使ったり。

説明書では、他にどんな使い方があるか、
過去に作ったレイアウトを紹介しながら解説していきます。
その他に、
旗 四角を選ぶときのポイント
旗 配置するときに考えるバランス についても説明します。


今回のレイアウトをもう少し詳しく見てみると、



ペーパーの中にないブルーをチップボードの着色に使ったので(エンボス)、



バランスをとるために、ブルーペーパーのフラワーダイをプラスしました。
届きたてほやほやアップ

白いドットが入ったペーパーを使ったので、
ところどころ白が入ってます。
1色じゃないところが、他のペーパーともなじみやすいウインク

白いペーパーには、
四角ペーパーの中にあるエメラルドグリーンとイエローの点を
飛ばしてあります(by Distress ink)。

 


蝶々柄のペーパーはハートに切って、
その中にハート型のレースペーパーを入れました。

「せっかくのハートが隠れるちゃうじゃんえー」とも思いましたが、
蝶々ペーパーは四角ペーパーと同じシリーズなので、
色が同じ分あまり目立たないんですよね。
そこで、白いレースペーパーを中に入れることで、
ハートの輪郭がくっきりするかな、と思いまして。
さらに、ピンクのピンを挿すことで、ハートの存在をアピールしてますニコ

台紙には、グレー×白の紐で、ダイヤモンド型を作りました。
最近紐を使うのが好きラブ
のりで貼るのは難しいので、紐がたるんでしまいそうですけど、
端を台紙の裏に回してマステで留めて、
四角ペーパーでたくさん固定すれば、それだけでピンッと張ることができます。




わんちゃんと同じく舌を出してます。
こんなカジュアルな写真もよく合います。

もうすぐ11月ですがびっくり
春の写真がピッタリだと思います。

Facebookコメント